FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四話ー5

何とかなった・・・。
そう思いたかったのだが、まだまだ終われそうもなかった。
目が覚めると、ハナさんが気付いた。
「大変なの、岬!
またイマジンが人を襲っているみたい!」
そうか・・・アイツ達が動いているのか・・・。
「角の生えたイマジンじゃないのか?」
「いいえ・・・カエルのような巨大な目は有ったみたいだけど・・・。」
何だろう・・・体が震えている・・・。
『どうしたんだ、岬・・・?
今度の敵も簡単に見つけ出せるんだろう?
パーッと探し出してさっさと倒しちまおうぜ?』
「この先は・・・知らない。
カエルのイマジンは・・・。」
運命は回り始めたのだと自覚した。


































夢に惑わされぬように、自分として立ち上がらなければ・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

VAZNAGE

Author:VAZNAGE
ここまで長生きしちゃうと何だかもう、死の運命云々は逃れられたようですね(;^ω^)ちなみにVAZNAGEと書いて「ばつなぎ」と読んで欲しかったりします。ニコ動にて仮面ライダーの漫画を投稿・・・出来たら良いなぁ

仁王立ちだZE★霧雨魔理沙ブログパーツ
地震速報比那名居天子ちゃん

まよねーず工場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。